Hervor鯖で余生を楽しんでる人


by yamisigure
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:これから古城に赴く誰かの為に( 2 )

意識

久しぶりにこちらも更新

やはり古城前衛をするにあたって一番重要なのがPTMの連携だと思います。
誰か一人が巧くても、強くても駄目なんですよね。

PTM全体で連携が取れれば、そんじょそこらのMHでも乗り切れるものだと
最近、再確認しました。

古城前衛をするにあたって私が気を付けてる点(行動ではない)

焦らず、早らず、躊躇わずです。

焦らないというのは

連携が巧く取れてないにも関わらず、なんとかペース、リズムを創り出そうとして
PTM間のバランスを狂わせてないのか?焦っちゃいけません。焦ると嵌ります。
時には自分の力の80%で狩りを遂行する。それも前衛能力の1つです。
この考え方は他の方から学びました。

早らずというのは

自分ではいけると判断したとしても同じように支援さん後衛さんも同じ気持ちを
持っているのかどうか。
少しでも異変を感じたらな歩行速度をそれとなく落とす事も重要です。
ここでひとつ、無意識的な行動事例を1つ紹介。

古城臨時開始直後はまだ思考的にも疲弊しておらず、行動セル指定も
5マス前後が多々。不意の横沸きMobにも素早く反応出来るように、
行動を最小単位で刻んでいます。が、
これが中盤辺りになってくると、思考がダレてきます。思考がダレ出すと、
私の場合は思考の精度が徐々に落ち始めます。いわゆる惰性で狩をしがち。
5マスの行動範囲が10マスに伸びる。これは良くありませんね。
早やらずのカテゴリーとは違いますが、あまり目にしない考察なので、
取り上げて見ました。あなたは行動セルが時間と共に伸びていませんか?


躊躇わずというのは

上記2点であげた意識の反対に位置するもので、大規模MHでも総合的にいけると
判断した場合は躊躇ってはいけません。MHの中心部分に身を投げ出して
自分が出来る事を精一杯やるだけです。あとは支援さん後衛さんに託しましょう。

無理と判断した場合は躊躇わず立ち止まる事も重要です。

躊躇いは常に死と隣り合わせ、「意識が止まれば手が止まります

__________________________________________________________


私が支援さん、WIZさんに求めていたモノ。

古城トリオ前に行ったのはいつだろう?誰とご一緒したのだろう?
全く記憶にない。が来るべき時に備えてイメージトレーニングをしている事は
確かです。

少し記憶を遡って、古城トリオで支援さんに求めていたモノを思い返してみた。

最重要だったのが、支援維持だったでしょう。ペア時とは違い自分も含めて
3人に支援をしなければならず、常に動く状況下では難しいに違いない。
それが最低限求めていたモノだった気がします。
最低限と言っても、基礎は極意とも思っていますので、支援維持がきっちり
出来る支援さんは本当にRespectしちゃいますね。

WIZさんに求めていたモノ

思考の瞬発力でしょうかね。俗に言うリアルINT
SGの設置場所これに尽きますね。いくら装備が豪華であろうが
思考の瞬発力が無ければ、いかんのじゃないかなと。

両職どちらにしても基礎中の基礎でしたね。
基礎は奥が限りなく深い、基礎を疎かにする事なかれ

では最後に騎士に求められているモノはなんだろう?

多分、答えなんて有りません。それは貴方自身が、考え、悩み、生み出す
モノなのですから。他の凄腕の前衛さんの真似をする必要なんてないのです。
貴方が考えを、答えを、積み上げていく、それこそが求められているモノだと思います。





一人でも多くの人が古城トリオの醍醐味を味わってくれる事を願って。
[PR]
by yamisigure | 2007-01-02 18:11 | これから古城に赴く誰かの為に
8/24 2-3、2-4追記、誤字脱字修正 闇時雨

私の狩りの全てであり、私を育ててくれた「古城2」

AGI両手にとって、古城2といえば

「Agi型にとって古城2Fは鬼門である。当たらない、避けられない、圧倒的なMob数」

そんな過酷な現実と向き合い。いままで数多くの臨時トリオをこなしてきました。
その中で学び、反省し、次に繋げ。ようやく自らでも満足いき、ご一緒した色々な方々
から高評価を勝ち取ったと自負しております。と同時に古城2の攻略の仕方がようやく
分かったので「これから古城に赴く誰かの為に」を書き綴ていこうと思います。


「これから古城に赴く誰かの為に」

これから書く内容には闇時雨の主観が殆ど占めると思われます。
装備等、準備物等は自らで調べましょう。それぐらいの事が出来ないなら
PTMにも古城にも失礼です。

では本題の方にいきましょう 

前衛、支援、WIZの王道トリオ編

1.常に同じ展開にするように心がけるべし

後衛にWIZを招いた場合、殲滅の9割がWIZのSGにかかってきます。
そしてSGを展開するにあたって前衛の注意点としては

自分の防御力(FREEなりVITなり)に合わせたMobを制御し、
PTMに「これぐらいMob数で殲滅しましょう」と意思表示を怠らないように。
意思表示の仕方は千差万別ですが、一般的にはある程度前衛がMobを背負い、
前衛が足を止めた=殲滅合図なのですが、この足を止めるポイントがまちまちだと
WIZとの呼吸が確実に合わなくなり、PTM全体が後手後手の対応を迫られます。
そうなりだすと見事なまでに歯車が狂い、支援さんは支援維持が困難となり、
結果PTM全体の足が非常にとまりやすくなります。

悪循環の副作用として

進行方向にはMobがいる可能性が低いと前衛が判断、抱えているMobが少数の場合
その場で殲滅しようとすると、Mob少数に対してもSG展開する事となり、
タイムロスに繋がります。
WIZ側の判断ミスとも為りかねませんが、こういった場合はWIZ側の判断ミスというより
前衛が巧くペースを創れてないと思うべきでしょう。

2.距離間

1と同等に古城で重要に為ってくるのがPTMの距離間である
進軍中に前衛と後衛との距離が使いと本、禿は非常にタゲが移りやすく
再度タゲを奪いに行ってっては結局はタイムロスに繋がります。
そうさせない為にもやはり前衛は先行して歩くべきでしょう。
この「先行して歩く」というのは経験から来るもので、言葉でいくら説明しても
分かり難いので、目安としては7~10マス程先行するのが良いかと。
この時に注意するのが

1、歩きながら索敵ルートを決める
2、支援、後衛にMobが張り付いていないか。
3、最短ラインを常に意識する。
4、大幅見切りする場面

1 他PTが居ないだろうと自らが判断すれば良いことなので、
あまり深くは考えず歩きましょう。他PTと被ってしまおうがなんであろうが
「迷うぐらいなら歩け!」です。足を止めてはいけません。
そして少しでも他PTの方が先に索敵ルートに進入したと判断したら
思い切って索敵ルートの変更を行動で示しましょう。

2 古城トリオ狩りをしていれば必ず起こるのが進軍中にMobが
支援、後衛近くに沸きます。前も意識しつつPTMも意識しましょう。
この場合はプロボでタゲを奪いましょう。タゲが確定してしまってる場合は
3~4発攻撃すればタゲを奪えますので、奪ったと同時に、
もう少し歩くのか、この場で殲滅するのか意思表示しましょう。
プロボで奪う際の注意点は出来る限り動きを止めないで、プロボしましょう。
しかしこの動きを出来る限り止めないでというのが、結構難しいと思いますので、
少しの練習は必要になるでしょう。

3 歩く時は常に最短ラインを心がけましょう。前衛が索敵ルートを決定出来るため
PTMより確実に数歩は先行は出来ますが、支援、後衛さんもある程度予測し
行動しますので無駄なラインで移動していると、2でも書いたようにPTM間が
非常に窮屈と為りかねません。その為にも、最短ラインを意識しつつ移動しましょう。
もしPTM間が窮屈と感じたら思い切って「足を止めましょう
確実にPTM全体の足が止まります。時にはセオリーに反する事も重要です。
最短ラインに意識を持って行き過ぎると画面の端にいるMobを見過ごす可能性も
少なくともありますので、最短ラインを無意識に移動出来るようになってきたら
画面全体にも目を配りましょう。画面全体をも意識出来るようになれば、
次はログの部分にも意識を持って行きましょう。

4 古城2ではMHポイントがいくつか存在しますが、ある程度見切りをつけて
次に進みましょう。

例)右下ドル部屋

まずドル部屋に進入する入り口付近にレイドアチャがいる場合
レイドアチャに少し攻撃し、WIZさんのFB詠唱を待つ。
詠唱エフェクト発生。この瞬間にレイドアチャは無視で先に進みましょう。

そのまま進むと丁度ドル部屋の7~10歩手前で禿、本、カリッツの3匹セットが
いる場面といない場面が存在します。更に細かく言えば、禿、本はいなくてカリッツだけ
いる場面も存在します。
上記3匹がいる場合はSG展開待ちとなりますが、この際にドル部屋が視覚的に見えてる
と思いますが、SG展開だからといって呼びに行かないように。
呼びに行くとその後の展開が非常に制御しづらく、場が荒れます。

3匹に対してSG展開が出来たのなら、この際の氷像割りは支援、後衛に任せましょう。
カリッツが残っていようが、無視でもいいです。それよりなによりドル部屋のMHを
制御というかなり重要な仕事が任せれていますので。

制御の仕方は、書きませんというか、「どの位置で制御すればいいのか?」
「どのタイミングで進入すればいいのか?」これは前衛が与えられた使命ですから
各自で案を練り、攻略してほしいからです。私はそれも前衛の楽しみの一つだと
思ってますので。








―――――――――――――――――――――――――――――――――
コメント返し

>PENSKEさん

PENSKEさんはペコに乗っていたと記憶しています。
ペコに乗っていると仮定して私が思う事は、

ペコに乗ると機動力が格段に上がりますので、WIZの視界から消えた
PUNSKEさんが再び視界内に戻ってきた&足が止まっているのが確認出来た
=Mobが沢山居る可能性が高いと判断したのではないでしょうか。
私が支援かWIZを使っていれば心理的にそう思うでしょう。

やはりペコの機動力はPTMに対しても使い方を間違えれば脅威になりますから、
一度徒歩で行かれてみて、ペコ騎乗時と徒歩でどう違ってくるのか試されては
如何でしょうか。

どうしてもペコ騎乗じゃなきゃ駄目なんだ!との信念をお持ちなら、
最短ラインを移動するのではなく、最短ライン+3~5歩で移動するのが良いかと。
[PR]
by yamisigure | 2006-08-19 02:13 | これから古城に赴く誰かの為に